元安で値下がりの中国ドル建てジャンク債、買うにはまだ早い

今週の人民元急落後でも中国のドル建てジャ ンク(投資不適格級)債は、買いを入れる水準まで値下がりしていない と日興アセットマネジメントはみている。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの指数によれ ば、12日の取引でこうした債券の米国債に対する利回り上乗せ幅が21ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)拡大し、1カ月ぶりの高水準 である776bpに達した。1営業日の上げ幅としては約3週間ぶりの大 きさとなった。

日興アセットマネジメントでアジア高利回り投資を担当するレオ ン・ワイ・ホーン氏は、「目にしているのは人民元の動きに伴う軟化の 初期的な兆しだけだ」と指摘し、さらに値下がりが進めば買い入れを検 討するだろう述べた。中国のドル建てジャンク債のリターンは、中国株 の下落が始まった6月15日以降、プラス1.2%となっている。

原題:Yuan-Spurred Drop in Chinese Junk Debt Not a Buy for Nikko (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE