NY外為:ドル上昇、米小売売上高増や中国の元支援示唆で

更新日時

13日のニューヨーク外国為替市場ではドルが 上昇。米小売売上高の増加や、中国人民銀行(中央銀行)が人民元相場 を支えるための口先介入を強めたことで、米利上げの根拠が強まったと の見方が広がった。

7月の米小売売上高では、自動車や衣料品など幅広く増加したこと が示された。この統計発表後はドルは上げを拡大した。人民銀は、相場 が過度に変動した場合は行動すると表明した。12日の人民元相場は続落 し、2日間の下落率は1994年以来の大きさだった。

USバンク・ウェルス・マネジメント(ミネアポリス)の債券調査 責任者、ジェニファー・ヴェイル氏は「国内の経済成長に消費者も参加 し始めている」とし、「人民元は向こう数日間に小幅ながらさらに下落 する可能性があるが、下落の大部分は既に起こった。一方でドルの強さ は、9月利上げの可能性が依然残されているという市場の認識をより強 く反映している」と述べた。

ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを 示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は前日比0.3%上げ て1207.50。12日には7月31日以来の水準に下げていた。

ドルは対ユーロで0.1%高の1ユーロ=1.1150ドル。対円では0.2% 上げて1ドル=124円43銭。

小売売上高

通貨のボラティリティ(変動性)を示すJPモルガン・チェースの 指数によれば、この日のボラティリティは低下した。前日までは2日連 続で上昇し、2日間の上げとしては1月以降で最大だった。

米商務省の発表によると、7月の小売売上高(速報値)は前月 比0.6%増。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想と一致した。 米連邦公開市場委員会(FOMC)は9月16-17日に会合を開く。

ウエスタン・ユニオン・ビジネス・ソリューションズの市場アナリ スト、ジョー・マニンボ氏(ワシントン在勤)は「小売売上高は、金融 当局が利上げ開始前に目にしたいと考えるような米経済の健全さに近づ いていることをタイミング良く気づかせた」と分析。小売売上高の統計 は「世界的な懸念を抑え、焦点を米国への楽観に戻すのに役立ってい る」と続けた。

ブルームバーグのデータによれば、利上げ後に実効フェデラルファ ンド(FF)金利が平均0.375%になるとの仮定に基づけば、9月会合 での利上げ確率は50%とFF金利先物市場に反映されている。中国によ る突然の人民元切り下げで、同国経済の減速懸念が広がった11日は40% だった。

人民銀は13日、人民元に関する異例の記者会見で、元相場の下落が 長引く根拠はないとし、相場が過度に変動した場合は行動すると表明し た。

エバーバンク・ワールド・マーケッツ(セントルイス)のクリス・ ギャフニー社長は「正常な感覚がある程度戻りつつあり、焦点は再び中 国から離れている」と指摘。「市場は、この経済データなら米当局は9 月に利上げする可能性があると再び考えており、そうした見方がドルを 押し上げたのは確実だ」と続けた。

原題:Dollar Climbs as Retail Sales Add to China’s Yuan-Support Signal(抜粋)

--取材協力:David Goodman.