元切り下げ、アジア各国中銀に新たな頭痛の種

米利上げの可能性に身構えていたアジア各 国・地域の中央銀行は、中国人民銀行(中央銀行)が人民元の実質的な 切り下げに踏み切ったことで、新たな頭痛の種にさいなまれることにな った。

低成長と輸出低迷に取り組んでいたアジアの当局者が国際競争力維 持のために、20年ぶりの大幅な通貨切り下げを決断した中国に追随して 自国通貨を下落させれば、インフレ高進とドルへの資金逃避というリス クを招きかねない。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのエコノミスト、 チュア・ハク・ビン氏(シンガポール在勤)は「通貨切り下げは近隣窮 乏化政策だ」とした上で、「大半のアジア諸国・地域の内需は極めて弱 く、泥仕合につながる恐れがある」と語った。

最初に続いたのはベトナムだ。同国中銀は12日、中国の元切り下げ で経済に「マイナスの影響」が及ぶとして、通貨ドンの取引バンドを拡 大。アジア通貨に広がる波紋を正式に確認する形となった。

このほか、マレーシア・リンギットは同日、1998年以来初めて1ド ル=4リンギット台に下落。インドネシア・ルピアは昨年12月15日以来 の大幅安となった。

オックスフォード・エコノミクスの資産運用サービスディレクタ ー、ガブリエル・スタイン氏はリポートで、「中国が積極的に通貨を切 り下げることでさらなる通貨戦争を引き起こすリスクがある」と指摘す るとともに、「一部の国々は既に行動している」と付け加えた。

原題:China’s Yuan Puts Asian Central Banks on Defensive With New Risk(抜粋)

--取材協力:Jason Scott、Nguyen Dieu Tu Uyen、Norman P. Aquino、Herdaru Purnomo、Jiyeun Lee、Justina Lee、Shamim Adam、Rieka Rahadiana、Michael Heath、Iain McDonald、Adam Majendie.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE