中国の「ブラック・スワン」もはや珍しくない-世界揺るがす

中国がさらなるサプライズを打ち出すことに 投資家は備えるべきだ。中国の予想外の政策はこれまでも世界市場を混 乱させてきており、人民元の実質切り下げでそれが再び浮き彫りになっ た。

これは中国の金融制度をテーマとした「赤い資本主義」の共著者フ レーザー・ハウイー氏の助言だ。同氏は中国当局が景気減速への対応に 苦慮する中で、政策決定が「場当たり的」になりつつあると述べた。

人民元相場は今週、1994年以来の大幅下落を記録。わずか1カ月前 には当局が株式市場で前例のない介入を行った。2年前には銀行システ ムへの資金供給を絞り、近年で最悪の流動性逼迫(ひっぱく)を引き起 こした。中国当局がその上、こうした政策変更で十分な説明をしなかっ たため投資家が先を読みにくくなり、世界的に市場のボラティリティ (変動性)が高まったと、ハウイー氏は指摘している。

CLSAアジアパシフィック・マーケッツの元マネジングディレク ターであるハウイー氏は電話インタビューで、「中国当局が対外的なコ ミュニケーションを全く欠いているため、国内外の投資家が次に何が起 きるかおびえている。中国は世界的な影響力が極めて大きい。市場はシ ョックを好まない」と述べた。

申万宏源集団のセールストレーダー、ジェリー・アルフォンソ氏 は、資本市場の歴史が比較的浅いことや何年も続いた急成長の後の景気 減速のため、中国がそうした「ブラック・スワン」的事象に一層さらさ れるようになっていると指摘した。

「ブラック・スワン」は不確実性が市場に及ぼす影響を表す言葉 で、ナシーム・タレブ氏の同名の著書で広く知られるようになった。

原題:Chinese Black Swans Not So Rare Anymore as Howie Sees New Shocks(抜粋)

--取材協力:Fox Hu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE