中国の元切り下げで米利上げ時期に不透明感、9月説が後退

中国による人民元の実質的切り下 げが2日連続で世界の市場に波紋を広げた中、トレーダーは米連邦準備 制度による利上げ時期の予想を先送りした。

米当局は政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利の誘導目 標を2008年以降、0-0.25%に据え置いている。ブルームバーグの集計 データによると、トレーダーの間では利上げ後に実効FF金利が平 均0.375%になるとの仮定に基づけば、9月の連邦公開市場委員会 (FOMC)での利上げ確率は40%と見込まれている。8月7日時点の 確率は54%だった。

ダンスケ銀行のチーフアナリスト、アラン・フォンメイレン氏は 「中国通貨システムの今回の改革がドル高と不透明感を広げている」と 指摘。「為替レートや商品相場の最近の変化が米利上げ開始時期を先送 りするほどの大きさかどうかを考慮する必要がある。市場が見極めよう としているのはこの点だ」と述べた。

原題:China Muddies Fed Outlook as Traders Trim Bets on September Move(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE