中国レノボ:4-6月利益は予想上回る-5%人員削減を発表

更新日時

パソコン(PC)メーカーで世界最大手、中 国のレノボ・グループ(聯想集団)の4-6月(第1四半期)決算では 経費削減が奏功し、利益はアナリスト予想を上回った。同社は5%の人 員削減を通じてコスト圧縮を続ける方針も示した。

発表資料によると、純利益は前年同期比51%減の1億500万ドル (約130億円)。ブルームバーグが集計したアナリスト予想平均は7170 万ドルだった。売上高は3%増の107億ドルと、アナリスト予想の115億 ドルに届かなかった。為替相場変動の影響がなければ10%増収だったと 説明した。

レノボは昨年、IBMからサーバー事業を取得し、スマートフォン メーカーのモトローラ・モビリティも買収。楊元慶会長兼最高経営責任 者(CEO)は中国やPC事業への依存軽減に取り組んでいる。今回発 表した人員削減で経費を減らしながら携帯電話事業の業績好転につなげ る考え。

楊CEOは13日の電話インタビューで「2008年以来の厳しい四半期 だった。市場の変化に対応して固定費を削減すべきだと引き続き考えて いる」と語った。

発表資料によると、非製造部門の10%に相当する約3200人が削減対 象となる。全従業員数は6万人。これにより年間13億5000万ドルの経費 節減につながるという。

原題:Lenovo Profit Beats as Smartphone Turnaround Spurs Job Cuts (1)(抜粋)