中国天津で爆発、死者少なくとも44人-鉄鉱石出荷などに混乱も

更新日時

中国北部の港湾都市、天津で12日夜に爆発が 起き、これまでに少なくとも44人が死亡、負傷者は数百人に上ってい る。天津港はコンテナ貨物取り扱いで世界10位で、石油や鉄鉱石の出荷 に一部混乱が生じた。

天津市の海上保安当局が13日現地時間午前11時22分(日本時間午後 0時22分)に公式ミニブログを通じて発表したところによると、「危険 物資」を積んだ石油タンカーや船舶には寄港禁止措置が取られている。 同市では12日夜に複数回にわたって爆発が起きた。英・オーストラリア 系の鉱山会社BHPビリトンは鉄鉱石の積み出しに影響が及んでいるこ とを明らかにした。

アルゴノート・セキュリティーズ(アジア)のアナリスト、ヘレ ン・ラウ氏(香港在勤)は「今回の爆発で短期的には港湾運営や商品輸 出入業者にある程度、直接的な影響が及ぶだろう」と指摘。その上で、 「天津で取り扱えない可能性のある分は、隣接する山東省と河北省など 東部沿岸の他の港湾で容易に消化できるため、商品の価格や輸入への影 響はほとんどないだろう」と述べた。

原題:Deadly China Port Blast Halts Oil Ships as BHP Ore Disrupted (1)(抜粋)

--取材協力:Jing Yang、Moming Zhou、Brett Foley.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE