ロシュのにきび治療薬で2520万ドルの賠償評決、二審が覆す

スイスの製薬会社ロシュ・ホールディングの にきび治療薬「アキュテイン」の使用で炎症性腸疾患にかかり結腸を失 ったとして男性が起こした訴訟で、男性への2520万ドル(約32億円)の 賠償支払い求める陪審評決を米ニュージャージー州の中間上訴裁判所が 覆した。

裁判文書によると、アラバマ州在住のアンドルー・マキャレル氏 は2003年にロシュを相手取り提訴。07年にニュージャージー州裁判所陪 審は250万ドル強の損害賠償を認めたが、この評決は覆されていた。マ キャレル氏は10年に2回目の裁判で勝訴し、この時に2500万ドルを超え る損害賠償を認定されていた。

ニュージャージー州の中間上訴裁は11日、マキャレル氏が提訴を先 送りし過ぎたとして、賠償評決を再び無効とした。マキャレル氏の弁護 士の1人であるデーブ・ブキャナン氏によると、マキャレル氏は今回の 判断を不服として上訴する考えだという。

原題:Roche Wins Reversal of $25.2 Million Accutane Jury Award (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE