新興市場株、2011年以来の安値-元大幅安で中国景気減速懸念

12日の新興市場株は2011年以来の安値に下 落。新興国通貨の指数も過去最安値を付けた。中国人民元の大幅安を受 け、中国の景気減速が深まっているとの懸念が強まった。

インドネシア株は1年半ぶりの安値。通貨ルピアが年初来で最大の 下げとなった。香港市場でハンセン中国企業株(H株)指数は2%安。 人民元は1.9%安。前日は1.8%値下がりしていた。

南アフリカ共和国やドバイ、マレーシアの株価指数も下落。マレー シア・リンギットも下げ、1998年以来の1ドル=4リンギット台を付け た。ロシア・ルーブルは1%安。

MSCI新興市場指数はロンドン時間午前9時10分(日本時間午後 5時10分)現在、前日比1.6%安の864.60。昨年9月の高値からの下落 率は22%となっている。

原題:Emerging Stocks Extend Bear-Market Slump as Yuan Roils Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE