IEA:世界的な石油供給過剰、16年末まで続く見通し

国際エネルギー機関(IEA)は12日、石油 需要拡大と供給の伸び鈍化にもかかわらず、世界的な石油の供給過剰が 来年末まで続くとの見通しを示した。

IEAによれば、今年の石油消費が5年ぶりの大幅増となり、石油 輸出国機構(OPEC)以外の供給が来年は2008年以来の減少に転じる と見込まれているものの、記録的な石油在庫はさらに増える。

イラン核問題をめぐる先月の合意を受け、イラン産原油に対する制 裁措置が解除されれば、石油在庫は16年10-12月(第4四半期)まで減 らないほか、その時期が後にずれる公算もあると指摘した。

原題:IEA Sees Oil Glut Enduring in 2016 After Reaching 17-Year High(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE