不良債権が最低に、黒田緩和で企業改善-「こんな時代続かない」とも

三菱UFJフィナンシャル・グループをはじ めとする3メガバンクや地方銀行を含む全国銀行の不良債権残高が、3 月末に初めて10兆円を下回り過去最低となった。黒田東彦総裁率いる日 本銀行の数年にわたる異次元緩和が功を奏している。

全国115行の2015年3月期の不良債権残高(金融再生法開示債権) は9兆1430億円。金融庁が7日発表した。統計を開始した1999年3月期 以降で最も少なく、不良債権比率も1.6%と過去最低を記録した。ピー クは02年3月期の43兆2070億円。不良債権の減少は金融機関の与信費用 縮小につながり、経営を安定させる要因の一つとなる。

クレディ・スイス証券の三浦毅司アナリストは、不良債権減少の理 由として、景気回復で融資先企業の経営状況が改善したことのほか「不 動産など担保資産の価格上昇」などを挙げた。同時に「こんな良い時代 は続かない」として不良債権は今後増えていくとみている。

三菱UFJ(2行合算)の不良債権残高と比率は6月末で1兆2117 億円、1.1%、三井住友銀行は7389億円、0.9%、みずほ(2行合算) は9087億円、1.1%だった。今期の与信関係費用は三菱UFJが1300億 円、三井住友Fが1200億円、みずほFGが600億円のコストを計画して いる。

東京商工リサーチによると、14年4月から15年3月末までの全国企 業倒産件数は9543件で24年ぶりに1万件を下回った。負債総額は1 兆8686億円で2兆円割れは25年ぶりだった。