【個別銘柄】決算失望のワタミや東精密下落、テンプHD急伸

更新日時

12日の日本株市場で、株価変動材料のあった 銘柄の終値は次の通り。

ワタミ(7522):前日比3%安の981円。4-6月期の連結営業損 益は9億5400万円の赤字になった、と11日に発表。前年同期は1億1500 万円の赤字だった。介護と海外外食事業が赤字に転落し、国内外食や農 業事業も損失が続いた。

テンプホールディングス(2181):9%高の5580円。4-6月期の 連結営業利益は前年同期比17%増の65億6100万円だった、と11日に発 表。主力の派遣・業務プロセス委託事業が増益となった。SMBC日興 証券は、減益予想だった同証予想(51億円)を大幅に上回ったと指摘 し、ややポジティブと評価した。上振れは費用の期ずれなどが主因だが 決算は評価できる内容とした。

東京精密(7729):6%安の2489円。16年3月期の連結営業利益予 想を118億円から120億円に上方修正する、と11日に発表。半導体製造装 置部門の市場環境や足元の受注状況を反映させた。ただ市場予想の125 億円には届かなかった。

マツモトキヨシホールディングス(3088):1.6%高の6380円。4 -6月期の連結営業利益は前年同期比2.4倍の66億100万円になった、 と11日に発表。市場予想は48億円だった。小売事業では医薬品や化粧品 中心にシーズン商品が好調で、インバウンド需要も順調に拡大した。野 村証券は足元も販売好調が持続しており、上期計画達成は余裕含みと評 価した。

電通(4324):4.9%安の6790円。4-6月期の連結営業利益は前 年同期比23%増の123億円になった、と11日に発表した。立花証券の入 沢健アナリストは、決算期待から前日に年初来高値を更新したこともあ り、発表後はいったん材料出尽くしの売りに押されているようだと電話 取材で指摘した。

セイコーホールディングス(8050):7.2%高の731円。4-9月期 の連結営業利益予想を65億円から95億円に上方修正する、と11日に発表 した。国内ウオッチ事業を中心に第1四半期が順調な滑り出しとなった ことを勘案した。4-6月期の営業利益は前年同期比57%増の44億7400 万円だった。野村証券は同証予想の30億円を上回りポジティブと評価。 国内のウオッチ事業を中心に順調な進ちょくと指摘した。

ダイハツ工業(7262):5%安の1707円。野村証券は11日付で投資 判断を「中立」から「ウエート下げ」に、目標株価を1650円から1560円 に引き下げた。軽自動車需要の低迷とインドネシア、マレーシアでの通 貨安から17年3月期も業績低迷が続くと予想。16年3月期の連結営業利 益予想を904億円から900億円、17年3月期を1060億円から980億円に引 き下げた。

光通信(9435):8.2%高の9380円。4-6月期の連結営業利益は 前年同期比80%増の87億2600万円になった、と12日正午に発表。同時 に16年3月期の営業利益予想を200億円から220億円に上方修正した。ユ ーザーから毎月支払われる基本契約料金、使用料金などから得られる利 益を順調に伸ばしたことが寄与する。

日本電子(6951):11%高の606円。4-6月期の連結営業損益は 2億500万円の赤字になった、と11日に発表。前年同期の25億6200万円 から赤字額が大幅に減少した。野村証券は同日付で投資判断を「中立」 から「買い」に、目標株価を600円から700円に引き上げた。事業体制の 想定以上の改善を素直に評価すべきと指摘。16年3月期の連結営業利益 予想を55億円から60億円(会社計画65億円)、来期を58億円から68億円 に上方修正した。

ダイフク(6383):6.2%高の1995円。4-9月期の連結営業利益 予想を70億円から75億円に上方修正する、と11日に発表。市場予想の73 億円を上回った。海外子会社の順調な業績を勘案するとした。

飯田グループホールディングス(3291):5.1%高の2268円。4- 6月期の連結営業利益は前年同期比58%増の175億円になった、と11日 に発表。飯田産業グループや東栄住宅グループなど各グループ会社で戸 建て分譲事業が堅調に推移した。

アシックス(7936):4.2%高の3865円。三菱UFJモルガン・ス タンレー証券は11日付で投資判断を「中立」から「オーバーウエート」 に、目標株価を3100円から4400円に引き上げた。構造改革に着手し日本 国内での利益確保にメドがつき、中国中心に東アジアでの成長加速が見 えてきたこと、外部環境が厳しかった今期上期を計画超過で切り抜けた 点などを勘案。今期連結営業利益予想を350億円から373億円(会社計 画330億円)、来期を389億円から448億円に上方修正した。

セイノーホールディングス(9076):5.8%高の1526円。4-6月 期の連結営業利益は前年同期比83%増の54億7800万円になった、と11日 に発表。輸送事業の営業利益が2.6倍と大幅に伸長したほか、自動車販 売事業や物品販売事業なども堅調に推移した。

ダイセキ環境ソリューション(1712):16%高の2700円。16年2月 期の連結営業利益予想を13億6700万円から17億円に上方修正する、と11 日に発表。同時に8月末の株主対象に1株を2株に分割するとした。年 間配当予想は10円から12円(株式分割前換算)に増額した。

ディア・ライフ(3245):5.2%高の2490円。9月末の株主を対象 に1株を4株に分割する、と11日に発表。最低投資金額の低下による新 規資金の流入、株式流動性の向上を見込む買いが入った。また28日付で 東証マザーズから東証1部か2部に市場変更になる、と発表。期末配当 予想も40円から50円に引き上げた。

スクウェア・エニックス・ホールディングス(9684):4.2%高 の3370円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は11日付で目標株価 を3900円から5100円に引き上げた。7月に発表された大型タイトルでシ リーズ最新作の「ドラゴンクエスト11」を業績予想に織り込んだ。同タ イトルの発売時期を18年3月期と想定し、同期の連結営業利益予想 を372億円から562億円に上方修正した。「ドラクエ11」の出荷数は500 万本、売上高は240億円、営業利益は160億円と試算する。