アジア株、下落-MSCI指数は7カ月ぶり安値、元安が波及

更新日時

12日のアジア株式相場は下落。MSCIアジ ア太平洋指数が約7カ月ぶりの安値に向かっている。中国人民銀行(中 央銀行)が人民元の中心レートを連日引き下げ、域内の株価指数が軒並 み下げた。

シドニー市場では世界最大の鉱山会社、オーストラリア・英系の BHPビリトンが4.3%安。実質的な人民元切り下げにより中国の金属 需要が鈍化するとの懸念が響いた。

商品取引でアジア最大のノーブル・グループはシンガポール市場 で11%安。香港証券取引所を運営する香港取引所は4.2%下落。同社の 利益がアナリスト予想に届かなかったことが嫌気された。

MSCIアジア太平洋指数は香港時間午後4時2分(日本時間同5 時2分)現在、前日比1.6%安の137.85となっている。

原題:Asian Stocks Fall to Lowest Since January as China Devalues Yuan(抜粋)

--取材協力:Emma O’Brien.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE