IMF:人民元の新たなメカニズム歓迎-SDR採用に影響なし

更新日時

国際通貨基金(IMF)は中国人民元の新た なメカニズムを歓迎する一方、中国が求めているIMF特別引き出し権 (SDR)構成通貨への元採用に直接の影響はないとの見解を明らかに した。

IMFは中国が人民元の中心レートを2日連続で引き下げる中で、 コメントを出した。中国人民銀行(中央銀行)は12日、人民元の中心レ ートを前日よりも1.6%元安方向の1ドル=6.3306元に設定。前日は20 年ぶりの実質的な大幅切り下げを実施した。

IMFは声明で、中国の新たなメカニズムについて、「為替レート を決定する上で市場の力により大きな役割が委ねられることになり、歓 迎すべき措置だ」と指摘。ただ、「正確な影響は新たなメカニズムが実 際にどのように運用されるかに左右されるだろう」と予想した。

さらに、SDR構成通貨への元採用を目指す中国の取り組みに言及 し、「IMFのSDR通貨バスケットの継続的見直しに関しては、今回 の変更がバスケット構成通貨の決定で使用される基準に直接影響するこ とはない」と説明した。

原題:IMF Welcomes China’s New Yuan Mechanism, No Impact on SDR Push(抜粋)