香港H株下落-人民元が大幅続落、中国の景気減速懸念強まる

更新日時

12日の香港株式市場で中国本土企業から成る ハンセン中国企業株(H株)指数が下げ、世界的な株安の流れを引き継 いだ。人民元が大幅続落し、中国の景気減速が深まっているとの懸念が 強まった。

H株指数は前日比2%安の11042.79で終了。7月初めからの下落率 は15%となった。人民元は1.9%安。中国人民銀行(中央銀行)は中心 レートを前日の水準から1.6%引き下げて1ドル=6.3306元に設定し た。

香港市場では航空銘柄を中心に下げた。元安はドル建て債務の返済 コストを押し上げるため、中国南方航空(1055 HK)が7%値下がり し、2営業日ベースで6年ぶりの大幅安となった。前日は18%下落だっ た。中国国際航空(753 HK)は5.8%下げ、3月以来の安値を付けた。

パートナーズ・キャピタル(香港)の温天納(ロナルド・ワン)最 高経営責任者(CEO)は、「人民元が下落すると、株式や債券を含む あらゆる元建て資産を保有する魅力が低下する」と指摘した。

ハンセン指数は前日比2.4%安。中国本土市場では上海総合指数 が1.1%下げ、CSI300指数は1.2%安で引けた。

原題:Chinese Stocks Slump in Hong Kong as Yuan Plunges for Second Day(抜粋)

--取材協力:Zhang Shidong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE