人民元続落、2日間で94年以来の大幅安-人民銀が市場介入か

更新日時

12日の中国人民元相場は続落。この2日間の 下落率は1994年以来の大きさとなっており、事情に詳しい関係者による と中国人民銀行(中央銀行)が市場介入に踏み切った。

人民元は上海市場で前日比1.8%安の1ドル=6.4392元と、約4年 ぶりの安値。11日も同1.8%安で引けていた。関係者によれば、人民銀 は元相場の過度な下落を防ぐために介入した。

関係者の1人によれば、人民銀に代わって介入実務を担当した銀行 は1ドル=6.43元近辺でドル売り・元買いを行った。人民銀にコメント を求めてファクスを送ったが、現時点で返答はない。

原題:Yuan Tumble Tests China’s Free-Market Resolve as PBOC Intervenes(抜粋)