中国企業の債務コスト、1兆2500億円膨らむ公算-元切り下げ

アジアのオフショア市場で最大の借り手に通 貨切り下げのコストがのしかかろうとしている。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、中国企業のドル建て・ ユーロ建ての社債・融資残高は5290億ドル(約66兆円)に上るが、中国 人民銀行(中央銀行)が11日に人民元を対ドルで事実上1.9%切り下げ たことで、これら企業の債務コストが100億ドル(約1兆2500億円)膨 らむ可能性がある。

中国企業は記録的ペースで本土以外の市場で社債を発行し、銀行融 資を調達してきた。人民元相場はこれまで狭い範囲の変動にとどまって おり、多くの企業が為替差損のリスク回避のためのヘッジ手段を講じて こなかった可能性がある。

ムーディーズ・インベスターズ・サービスの鐘汶権アナリストは、 「多くの中国企業が外国為替のエクスポージャーでヘッジをしていな い。突然の通貨切り下げでオフショアのドル建て債を抱えた企業への圧 力が高まるだろう。特にオフショア債に大きく依存している不動産セク ターはそうだ」と述べた。

原題:Yuan Move Threatens to Add $10 Billion to China Inc.’s Debt Bill(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE