8月11日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドルとユーロが上昇、人民元切り下げで-逃避需要強まる

中国による人民元切り下げを受け、11日のニューヨーク外国為替市 場ではドルとユーロが資源輸出国の通貨に対して大きく上昇。安全資産 への需要が高まった。

米ドルはニュージーランド(NZ)ドルとオーストラリア・ドルに 対して値上がり。アジア通貨の動きを示す指数は2009年以来の水準に下 げた。ユーロは主要16通貨中15通貨に対して上昇。ギリシャが第3次救 済策の条件で債権団と合意し、ユーロの投資妙味が再び高まった。

ウェルズ・ファーゴのストラテジスト、エリック・ビロリア氏は 「NZドルや豪ドルといった、中国や中国の成長とより関連性の強い通 貨が下げている」としたほか、「ユーロの資金調達通貨としての特徴を 考えると、それもきょうユーロが買われている理由かもしれない」と続 けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、米ドルは豪ドルに対し前日 比1.5%高の1豪ドル=0.7304米ドル。対NZドルでは1.3%上げて1 NZドル=0.6536米ドル。

ユーロは対豪ドルで1.7%、対NZドルで1.5%それぞれ値上がりし た。

逃避需要

投資家が中国との関連が強い市場から米国や欧州の国債に逃避した ことを手掛かりに、ドルやユーロは上昇した。米10年債利回りは約2カ 月ぶりの水準に低下し、独10年債利回りは7月6日以降で最大の下げと なった。また株式相場は世界的に下落した。

クレディ・スイス・グループの外為ストラテジスト、マット・ダー 氏(ニューヨーク在勤)は「豪ドルやNZドルといった中国情勢により 敏感な通貨が打撃を受けている」とし、「全般的に見てリスクオフの面 が強い。だからユーロに多少買いが入り、株式は売られている」と続け た。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は0.5%高。

中国人民銀行(中央銀行)は11日、営業日ごとに設定する人民元の 中心レートを1.9%引き下げた。人民元相場はこれを受け、同国が公定 レートと実勢レートを一本化した1994年1月以降で1日として最大の下 げとなった。人民銀の報道官はこの日の中心レート大幅引き下げは1回 限りの調整だと説明している。

オアンダ(カナダ・トロント)のシニア通貨アナリスト、アルフォ ンソ・エスパルザ氏は「中国からの資本流出は同国にとって懸念材料だ が、他の新興国や、あるいは米国にプラスとなる可能性がある。米国債 に向かう資金が増えるためだ」と分析した。

原題:China’s Yuan Shock Boosts Dollar, Euro Amid Flight to Safety(抜粋)

◎米国株:反落、中国の人民元切り下げで景気不安-世界的に株安

11日の米株式相場は反落。中国が事実上の通貨切り下げに踏み切っ たため、同国の景気が一段と悪化するとの懸念が世界的に広がった。

自動車や高級品など対中貿易への依存度が高い企業が売られた。ゼ ネラル・モーターズ(GM)やティファニーが下落。アップルは5.2% 安。中国の成長への懸念を背景に、フリーポート・マクモランやダウ・ ケミカルなど商品関連銘柄も安い。一方、グーグルは4.1%上昇。同社 は組織を再編し、持ち株会社「アルファベット」を新設すると発表し た。

S&P500種株価指数は前日比1%安の2084.07で終了。200日移動 平均は維持した。ダウ工業株30種平均は212.33ドル(1.2%)下げ て17402.84ドルで終えた。ナスダック総合指数は1.3%安。

JMPセキュリティーズの株式ディレクター、トム・ライト氏は 「この日もマクロ経済主導の展開となり、中国が最も重要な材料だ」と 指摘。「ギリシャやプエルトリコに多くの時間を費やしたが、中国経済 ははるかに規模が大きく、世界経済に多大な影響を及ぼす。人民元の切 り下げは市場参加者を動揺させている」と述べた。

中国人民銀行(中央銀行)は11日、営業日ごとに設定する人民元の 中心レートを1.9%引き下げた。これは20年ぶりの実質的な大幅切り下 げ。今月発表された輸出は大幅減少し、製造業活動は予想を下回り、信 用の伸びも鈍化した。

予想外の人民元切り下げを受けて、新興市場通貨や商品のほか、中 国に輸出する自動車や高級品銘柄が軒並み売られた。

中国懸念

前日は原油や銅など商品相場の上昇を背景にS&P500種は1.3%上 昇していた。この日は世界最大のエネルギー・金属消費国である中国か らの需要が弱まるとの懸念を受けて、前日の上昇分の大部分を失った。 人民元の下落で中国消費者の購買力が低下するとの懸念も売りを誘っ た。中国経済に関する同じような懸念から先月は5月に付けた最高値か ら最大で4%下げていた。

S&P500種の素材株指数は1.9%下落。フリーポートは12%安 と、2012年以来の大幅安。アルコアは6%下げた。採掘機器のジョイ・ グローバルや建設機器のキャタピラーも安い。

マイクロン・テクノロジーは5%下落し、ハイテク株の下げの中心 となった。ブルームバーグがまとめたデータによると、同社2014年度の 売り上げに占める中国の割合は41%だった。4-6月期の売上高の27% を中国が占めたアップルは5.2%下落。

シマンテックは6.9%安。データストレ ージ部門ベリタスをプライ ベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社カーライル・グループに 現金80億ドル(約1兆円)で買収することで合意した。

中国への依存

ヤム・ブランズやウィン・リゾーツなど選択的消費株も安い。両社 の決算発表によると、ヤムの第2四半期売上高の53%は中国が占め、ウ ィンは売り上げの59%をマカオが占めた。

米国債市場では、10年債利回りが7月6日以来の水準に低下。低金 利が銀行の収益を圧迫するとの懸念からS&P500種の銀行株指数は1 カ月ぶりの大幅安となった。

原題:U.S. Stocks Decline With Global Markets as China Devalues Yuan(抜粋)

◎米国債:上昇、質への逃避-中国の人民元切り下げで株・商品安

11日の米国債相場は上昇。10年債利回りは約2カ月ぶりの水準に下 げた。中国が人民元の実質切り下げに踏み切ったことで世界的に株や商 品が売られ、米金融当局は利上げを見送るとの観測が広がった。

中国の発表に伴いドル建て資産の需要が高まり、安全逃避先として 米国債が買われた。中国人民銀行(中央銀行)は人民元の20年ぶりの大 幅切り下げに踏み切り、アジアの通貨が軒並み下げた。

プルデンシャル・ファイナンシャルの債券部門で最高投資ストラテ ジストを務めるロバート・ティップ氏は「市場に走った衝撃が、米国債 の値動きの一因となった」と述べ、「中国では水面下でもっと何か起き ているのか、また他の市場にどれくらいの期間や規模で影響が及ぶの か、関心が集まっている」と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時現在、10年債利回りは前日比9ベーシスポイント(bp、1p =0.01%)低下の2.14%。5月29日以来の低水準だった。

政策金利の変動に敏感な2年債利回りは5bp下げて0.67%。

ジャニー・モンゴメリー・スコットのチーフ債券ストラテジスト、 ガイ・リーバス氏(フィラデルフィア在勤)は「リスク回避の面もあれ ば、景気見通しもある」と述べ、「人民元切り下げは米国が中国からデ フレを輸入する道にもなる」と続けた。

この日の原油と工業用金属は急落。ブルームバーグ商品指数は大き く下げた。BMOキャピタル・マーケッツの金利ストラテジスト、ニー ル・ボウハン氏は、「ある程度のデフレ圧力を生むだろう」と述べた。

金利見通し

ブルームバーグのデータによれば、利上げ後に実効フェデラルファ ンド(FF)金利が平均0.375%になるとの仮定に基づけば、9月会合 での利上げ確率は46%とFF金利先物市場に反映されている。8月7日 は54%だった。

財務省が実施した3年債入札(発行額240億ドル)の結果による と、最高落札利回りは1.013%。入札直前の市場予想は1.012%。投資家 の需要を測る指標の応札倍率は3.34倍と、過去10回平均の3.29倍を上回 った。

米財務省は今週、入札(発行総額640億ドル)を3回実施する。

原題:Treasuries Regain Refuge Status as China Yuan Cut Pummels Stocks(抜粋)

◎NY金:続伸も上げ幅縮小、商品全般の下落でデフレ懸念が再燃

11日のニューヨーク金先物相場は続伸したものの、高値を大きく離 れて引けた。商品相場が軒並み下落しデフレ懸念が再燃したことから、 価値保存手段としての貴金属の妙味が低下した。

ロング・リーフ・トレーディング・グループ(シカゴ)のチーフマ ーケットストラテジスト、ティム・エバンス氏は電話インタビューで、 「金が大きく上昇し、高値を維持するには、制御不能なほどに状況が悪 化する必要があるだろう」と指摘。「商品市場は全体的にまだデフレの 局面にある。金もそれに従って下方向に反応するというのが私の予想 だ」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.3%高の1オンス=1107.70ドルで終了。一時は1119.10 ドルと、7月20日以来の高値をつけた。

銀先物9月限は0.1%下げて15.284ドル。パラジウムも下落。プラ チナは上昇した。

原題:Gold Gives Up Gains as Commodity Slump Revives Deflation Concern(抜粋)

◎NY原油:急反落、6年ぶり安値-OPEC増産と中国不安で

11日のニューヨーク原油市場でウェスト・テキサス・インターミデ ィエート(WTI)先物は急反落。石油輸出国機構(OPEC)増産を 嫌気し、約6年ぶりの安値に沈んだ。中国が実質的な通貨切り下げに踏 み切ったことも、景気減速懸念を増幅させた。

USバンク・ウェルス・マネジメントの投資担当シニアストラテジ スト、ロブ・ヘイワース氏(シアトル在勤)は電話取材に対し、「中国 からのニュースで不安の種が増えた」と指摘。「需要が伸びて供給超過 が解消に向かうと楽観している人は誰もいない。価格はいずれ、40ドル を割り込むだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前日 比1.88ドル(4.18%)安い1バレル=43.08ドルで終了。終値ベース で2009年3月以来の安値。この日の取引中には42.69ドルまで売り込ま れた。

原題:Oil Tumbles to Six-Year Low at Close on OPEC Output, Yuan Move(抜粋)

◎欧州株:2週ぶり大幅安-中国元切り下げで自動車など輸出株に売り

11日の欧州株式相場は下落。中国がここ20年で最大の実質的な人民 元切り下げに踏み切り、自動車や鉱山、高級品銘柄が安い。指標のスト ックス欧州600指数は2週ぶり大幅安となった。

ドイツの自動車メーカー、BMWが4.3%下落し、ダイムラーはさ らに下げた。人民元下落が中国売上高に響くとの懸念で、LVMHモエ ヘネシー・ルイヴィトンやスウォッチ・グループも大きく値下がりし た。食品・飲料株も安く、仏ペルノ・リカールヤやレミー・コアントロ ーの売りが目立った。鉱山株では英豪系のBHPビリトンやリオ・ティ ントが大幅安。

ストックス600指数は前日比1.6%安の393.61で取引を終了。5日に 付けた直近の高値からの下落率は2.6%に達した。

レイル(ジュネーブ)のフランソワ・サバリー最高投資責任者 (CIO)は「ドイツの自動車メーカーや高級品銘柄といった欧州の主 要輸出企業が大きく下げるのは理にかなっている。こうした企業の中国 での販売が困難になるからだ」と指摘。「株の投資家は今や投資モデル に為替の動きを織り込まねばならない」と付け加えた。

ストックス600指数を構成する業種別指数は全て下落。この日の西 欧株式市場でパフォーマンス最悪は独DAX指数で2.7%安。

最も値上がりしたのはギリシャのアテネ総合指数で2.1%高。同国 と債権団はこの日、第3次救済の条件で合意した。同指数は今月5日に 約3年ぶり安値を付けてから9.6%上昇している。

原題:Europe Stocks Fall Most in Two Weeks as Exporters Slide on China(抜粋)

◎欧州債:上昇、中国が元切り下げ-ギリシャ合意で周辺国債も高い

11日の欧州債相場は軒並み上昇。中国がここ20年で最大の実質的な 人民元切り下げに踏み切ったためで、深刻化する景気減速を示唆すると の見方から債券需要が強まった。

中国の減速は世界経済への重しとなるほか、主要中央銀行が低金利 政策を長期にわたって維持するとの観測につながる。元の実質切り下げ で商品価格も下落。これもインフレ抑制要因となることから国債の魅力 を高めた。

この日は米国債も値上がり。中国の動きに米連邦公開市場委員会 (FOMC)がどう反応するのかが市場で意識され、来月の利上げ確率 は44%と、先週末の54%から下がった。

HSBCホールディングスの債券調査グローバル責任者、スティー ブン・メージャー氏は「債券市場には明らかに強気の展開だ」と指摘。 人民元の実質切り下げは「主要中銀1行による新たな緩和の動きだ。利 上げに近づいていた別の中銀は恐らく、考え直すのではないだろうか。 私は真っ先にFOMCのことを考えた。ディスインフレの圧力が通貨を 通じて世界のある地域から別の場所に移されつつある」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時29分現在、ドイツ10年債利回りは前日比7ベ ーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の0.63%。同国債(表面 利率1%、2025年8月償還)価格は0.69上げ103.60。

10年物の米国債利回りは9bp低下の2.13%。英国債利回りは10b p低下の1.82%。

この日はユーロ圏のいわゆる周辺国の国債も値上がり。ギリシャと 債権団が第3次救済策の条件で合意したためで、同国が欧州中央銀行 (ECB)への返済期限の20日に間に合うよう資金を得る道が開けた。

イタリア10年債利回りは5bp低下の1.78%。同年限のスペイン債 利回りは5bp下げ1.92%。

原題:Bonds Rise Around World as China’s Yuan Move Dims Rates Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE