タカタ:南部7州などでリコール周知徹底へ-NHTSAに報告

タカタは11日、8人が死亡した事故に関連す る同社製エアバッグの欠陥問題で、米運輸省道路交通安全局 (NHTSA) に対し、リコール(無料の回収・修理)を行う自動車 の数を最大限増やす努力を行っていると報告した。一連のリコール対象 車はメーカー11社で推定3200万台に上る。

タカタはまた、メーカー各社が消費者に積極的に働き掛けて問題解 決に当たるアウトリーチ活動を支援しているとNHTSAに伝えた。タ カタはエアバッグの安全性の欠陥を認め、リコールの拡大に同意した今 年5月の合意に基づき、NHTSAへの報告が義務付けられている。

同社は今後、エアバッグ破裂の危険性が高いとされる湿度の高い地 域を優先し、アラバマとジョージア、フロリダ、ルイジアナ、ミシシッ ピ、サウスカロライナ、テキサスの南部7州に加えて、ハワイ州とプエ ルトリコ、米領バージン諸島で広報活動を通じてエアバッグの問題とリ コールの周知徹底を図る。

原題:Takata Promises Regulator It Will Publicize Air-Bag Recalls (1)(抜粋)