米バークシャーをS&Pが格下げも-プレシジョン買収合意で

更新日時

米格付け会社スタンダード・アンド・プアー ズ(S&P)は資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会 社バークシャー・ハサウェイの格付けを引き下げる可能性がある。バー クシャーは航空・エネルギー関連部品メーカーのプレシジョン・キャス トパーツを約372億ドル(約4兆6500億円)で買収することで合意し た。

11日の発表資料によると、S&Pはバークシャーを格下げの可能性 を示す「クレジットウォッチ・ネガティブ」に指定。「買収資金調達に 加え、現在の資金源や持ち株会社レベルでのレバレッジにどう影響する か不透明」であることを理由に挙げた。その上で、「買収資金を賄うた め、バークシャーは傘下の保険会社の資本資源の一部を使う公算が大き い」と指摘した。

S&Pが現在、バークシャーに付与している格付けは投資適格級格 付けで上から3番目の「AA」。バフェット氏が鉄道会社BNSFを買 収した2010年に最上級の「AAA」から1段階格下げし、さらに13年に 保険会社の格付け評価基準の変更に伴いもう1段階引き下げた。

原題:Berkshire Risks S&P Rating Cut on Leverage From Buffett Deal (2)(抜粋)

--取材協力:Katherine Chiglinsky、Selina Wang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE