中国人民元の実質切り下げで世界市場が動揺-株式や商品が安い

更新日時

中国人民銀行(中央銀行)が人民元を実質的 に切り下げたことで世界の金融市場で連鎖反応が広がった。中国経済が 一段の景気減速に向かっているとの懸念が高まり、新興国の株価や商品 相場が押し下げられる一方、債券価格は上昇した。

S&P500種株価指数はニューヨーク時間11日午後4時(日本時 間12日午前5時)現在、1%安。前日は5月以来最大の上げを記録して いた。原油相場は6年ぶりの安値に下げたほか産業用金属も売られ、ブ ルームバーグ商品指数は低下した。ドル上昇に伴いアジア通貨は下落。 新興国の株価が弱気相場入りする一方、米国債の需要は急増した。

中国の金融当局による予想外の動きを受けて、海外の景気減速が米 経済に痛手となる恐れがあると同時に商品価格の下落がインフレを抑制 し、米金融当局が利上げを遅らせるのではないかとの観測が強まった。 中国への売り上げに頼る銘柄が最も激しい売りを浴びた。

JMPセキュリティーズの株式ディレクター、トム・ライト氏は 「相場が持ち直した翌日に原油相場が反落して利回りが再び低下し、市 場が値下がりするのを見るのは残念だ」と指摘。「ギリシャやプエルト リコに多くの時間を費やしたが、中国経済ははるかに規模が大きく、世 界経済に多大な影響を及ぼす。人民元の切り下げは市場参加者を動揺さ せている」と述べた。

原題:Yuan Devaluation Jolts Global Markets as Stocks, Metals Retreat(抜粋)

--取材協力:Netty Ismail、Martin Ritchie、Alfred Cang.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE