香港H株、下落-中国の人民元切り下げで資金流出懸念高まる

更新日時

11日の香港株式市場で、中国本土企業から成 るハンセン中国企業株(H株)指数が下落。中国人民銀行(中央銀行) が人民元相場の実質的な切り下げに踏み切ったほか、経済全体のファイ ナンス規模の縮小が統計で示された。

H株指数は前日比0.2%安の11264.64で終了。一時は2.6%上昇する 場面もあった。中国国際航空(753 HK)や中国南方航空(1055 HK)な ど航空銘柄が下落。元安でドル建て債務の返済コストが上昇するとの懸 念が広がった。

華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は、「市場は人民元が下落 トレンド入りするとの懸念に襲われているほか、米国の利上げが近い可 能性があるため資本流出圧力も幾分高まっている」と指摘。「ファイナ ンス規模統計は中国経済が依然として低迷していることを示している」 と述べた。

香港市場でハンセン指数は前日比0.1%安。本土市場では上海総合 指数が0.1%未満の下落。前日までの2営業日で計7.3%上昇していた。 CSI300指数は0.4%安。

原題:Chinese Stocks Decline as Yuan Devaluation Spurs Outflow Concern(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE