パルマ初値は71%高に、セルフストレージ向けソリューション

更新日時

収納スペースやトランクルームのレンタルな どセルフストレージ業界向けにソリューションを提供するパルマが11 日、東証マザーズ市場に新規株式公開(IPO)した。買い気配値を切 り上げた後、初値は公開価格1350円に対し71%高となる2302円だった。

同社は2006年1月に金融・IT・アウトソーシングの融合サービス の提供を狙い、休眠会社で貸金業登録のあった今泉工務店の経営権を取 得、商号をパルマフィナンシャルサービシーズへ改称したことに始ま る。セルフストレージ事業者に対し入金管理や滞納保証・管理、巡回清 掃、利用者に対する申込・解約受付や審査などのビジネスソリューショ ン(BS)サービスを提供。成功報酬型のウェブ集客支援やセルフスト レージ事業運営のコンサルティングも行う。BS事業の利用者累計数が 2月に5万件を超え、3月には月間2000件を達成した。

15年9月期の業績計画は、売上高が前期比51%増の7億1554万円、 営業利益は41%増の1億1313万円、1株利益は46円3銭。公開価格ベー スの予想PERは29倍。BS事業主力のセルフストレージの滞納保証業 務で、月間新規利用者の直近3年の平均増加率17%などを踏まえてい る。上場に際し公募23万5000株、オーバーアロットメントを含む売り出 し21万5000株を実施。主幹事はいちよし証券。親会社は首都圏などで不 動産開発、販売を行うディア・ライフ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE