米バークシャー、プレシジョン買収で合意-372億ドル

更新日時

資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米投 資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、航空・エネルギー関連部品 メーカーの米プレシジョン・キャストパーツを買収することで同社と合 意した。債務引き受けを含め372億ドル(約4兆6400億円)規模の買収 となる。

両社の10日発表によると、バークシャーはプレシジョン1株につき 現金235ドルを支払うため、プレシジョンの7日終値を21%以上上回る 買収額となる。エネルギー値下がりを受け、同社株は過去1年に17%下 落していた。

バークシャーにとっては過去最大級の買収となるほか、6月末時点 で660億ドルを超えていた現金の有効活用にも役立つ。

プレシジョンは先進のエンジニアリング技術を用い、ジェットエン ジンや発電所などで用いられる金属構成部品などを製造する。従業員は 約3万人。昨年度の税引き前利益は26億ドルで、売上高は100億ドルだ った。顧客にゼネラル・エレクトリック(GE)やボーイング、エアバ ス・グループなどを抱える。

バフェット氏は発表文で、プレシジョンの「業務には長い間感心し ていた。世界の航空業界が選ぶサプライヤーであり、航空関連は米国最 大の輸出の一つだ」と述べた。

バークシャーによれば、買収は2016年第1四半期に完了の予定だ が、規制当局の承認次第となる。同社は手元資金から約230億ドルを買 収に充てるほか100億ドル前後を借り入れると、バフェット氏は CNBCに語った。潤沢な手元資金を保つ必要があるため、向こう1年 ほどは大型案件を手控えるつもりだとも付け加えた。

原題:Buffett to Acquire Precision Castparts in $37.2 Billion Deal (2)(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore、Matthew Monks、Noah Buhayar.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE