アリババ、家電小売りの蘇寧雲商集団に出資へ-約5700億円

更新日時

中国の電子商取引会社アリババ・グループ・ ホールディングは中国の家電小売企業、蘇寧雲商集団に283億元 (約5700億円)を出資する。家電販売網を傘下に収めるこの取引は、ア リババにとって最大の出資。11日の中国株式市場で蘇寧雲商の株価は大 きく上昇した。

10日の発表資料によれば、アリババの出資比率は19.99%と、蘇寧 雲商にとって2番目に大きな株主となる。蘇寧雲商は同時に、アリババ 株に最大140億元を投資する。両社は最短2時間での配達を目指し、物 流やオンライン販売の分野で提携する。

時価総額が今年に入って24%減少しているアリババの馬雲(ジャッ ク・マ)会長は、小売り分野での存在感を高めようとしている。蘇寧雲 商を百貨店運営の銀泰商業集団(インタイム・リテール・グループ)と の提携に加えることで、アリババはJDドットコム(京東商城)に対抗 しやすくなる。

大和証券グループ本社のアナリスト、ジョン・チョイ氏(香港在 勤)は「蘇寧雲商は家電販売で最大規模の実店舗網を持っており、アリ ババの実店舗サービスを支えるだろう。オフライン小売業へのアリババ の関与は出資を通じて強まりつつある」と述べた。

11日の深圳証券取引所で蘇寧雲商株は現地時間午前9時25分(日本 時間同10時25分)現在、10%高の15.17元と、取引時間中としては7月 6日以来の大きな上げを記録。蘇寧雲商は中国の約290都市で家電や書 籍、ベビー用品を扱う1600余りの店舗を展開している。

原題:Alibaba Spends $4.6 Billion on Suning in Ma’s Biggest Purchase(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE