NY原油(10日):大幅反発、中国不安が和らぎブレント急伸

訂正済み

10日のニューヨーク原油市場でウェスト・テ キサス・インターミディエート(WTI)先物は大幅反発。中国の原油 輸入が7月に過去最高を記録したことを好感し、ロンドンの北海ブレン ト原油先物は約2カ月ぶりの大幅高となった。

プライス・フューチャーズ・グループ(シカゴ)のシニア市場アナ リスト、フィル・フリン氏は電話取材に対し、「これまで原油が売りを 浴びてきた大きな理由が、中国需要への不安だった」と指摘。「このデ ータからは需要が激減したわけではないことが明確になった」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月限は前週 末比1.09ドル(2.48%)高い1バレル=44.96ドルで終了。ロンドン ICEのブレント原油9月限は1.80ドル(3.7%)高い50.41ドルで終 了。

7月の中国原油輸入は30%近く増加し、月間の記録としては過去最 高水準に達した。戦略石油備蓄の補充で需要が高まった。

原題:Brent Crude Rises Most in Two Months Amid Record Chinese Imports(抜粋)

--取材協力:Grant Smith、Christine Harvey.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE