ロシア:7月の新車販売、7カ月連続マイナス-減少幅は縮小

ロシアの7月の新車販売台数は減少幅が縮小 した。政府が低調な消費を受けて補助金などの販売促進策を講じたこと が寄与した。

欧州ビジネス協会(AEB)が10日発表した資料によれば、ロシア の新車販売台数(軽商用車を含む)は前年同月比28%減少。減少幅は6 月の30%から縮小した。ブルームバーグが6人を対象に実施した調査の 予想中央値と一致した。

政府は危機で購買意欲が後退した消費者に自動車購入を促すため、 自動車ローンへの補助金や買い替えを対象にした値引きを提供。ロシア 経済が6年ぶりのリセッション(景気後退)に向かい、インフレ率が加 速、高金利で資金需要が低迷しているため、自動車販売は振るわず、昨 年4月以降は1カ月を除いて全ての月で減少している。

原題:Russian Car Sales Slump for Seventh Month as Plunge Eases to 28%(抜粋)

--取材協力:Zoya Shilova、Andrey Lemeshko.