NY金:3日続伸、6月来最長-プラチナほぼ2年ぶり大幅高

10日のニューヨーク貴金属市場では金先物相 場が3営業日続伸。今年の価格下落で自動車メーカーや宝飾業者の需要 が増えるとの楽観が芽生えたことから、プラチナ相場はほぼ2年ぶりの 大幅高となった。

ETFセキュリティーズの調査担当ディレクター、マイケル・マク グローン氏は電話インタビューで、「市場は売られ過ぎの大きな兆候を 示しており、それに反応してプラチナにはかなりの需要が見られる」と 指摘。「最近の欧州自動車販売は良好で、中国のプラチナ輸入も好調 だ」と述べた。

プラチナ先物10月限は前週末比2.9%高の1オンス=989.80ド ル。2013年9月以来の大幅上昇となった。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.9%高の1オンス=1104.10ドルで終了。3日続伸は6月 以来の最長。

銀先物9月限は3.2%上げて15.292ドル。パラジウム先物9月限 は1.6%上昇の606.20ドル。

原題:Platinum Jumps the Most in Almost Two Years as Gold Recovers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE