米消費者の出費計画控え目、伸び率過去2年で最低-連銀調査

米消費者が想定している今後の出費予定が、 少なくとも過去2年で最低の伸びとなっていることが10日公表されたニ ューヨーク連銀の調査で明らかになった。

NY連銀が実施した7月の消費者期待に関する調査によると、消費 者は向こう1年間の支出が3.5%(中央値)増えると見込んでいる。こ れは2013年の調査開始以降で最も低い水準。6月調査では4.3%増える と見込まれていた。向こう1年間のインフレ期待の中央値は3%で、前 月と変わらずだった。

米経済成長が加速しているという金融当局の楽観の根拠になるた め、消費のデータは重要になっている。シカゴ連銀のエバンス総裁は7 月に記者団との朝食会で、個人消費が「われわれの見通し改善の基本を 成すものだ」とし、「消費者が力強い役割を果たすことを本当に頼りに している」と話していた。

原題:U.S. Consumers Rein in Spending Growth Plans, New York Fed Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE