ベトナム株、低迷の東南アジア市場で明るく輝く-資金が流入

株式保有規制の緩和計画と景気回復が海外か らの資金の呼び水となり、東南アジア地域で最高の上げ相場を記録して いるベトナムの株式市場は一段の上昇が見込まれる。香港の投資会社ア ジア・フロンティア・キャピタルやスウェーデンのコエリ・アセット・ マネジメントが指摘した。

指標となるVN指数は今年11%上昇し、12%下げたMSCI東南ア ジア指数に比べて5年ぶりの高水準となった。値上がり後の水準でも VN指数はMSCIの指数に対して18%割安となっている。海外勢は年 初から8月6日までに2億2310万ドル(約278億円)相当のベトナム株 を購入し、このままいけば10年連続の買い越しに向かう。

商品相場の下落と米金利の上昇予測によりインドネシアやタイの株 式市場が打撃を受ける中、フロンティアの運用担当者はベトナムの先行 きに一段と楽観的だ。同国経済の成長率はここ2年間で最高となってお り、政権を握る共産党が一定の産業で海外勢の保有比率を緩和する方針 であることが背景にある。

アジア・フロンティア・キャピタルのトーマス・ハガー最高経営責 任者(CEO)はベトナム市場に関し、「われわれは総じて非常にポジ ティブだ。発表される経済指標は良好だし、株価は割安なのでベトナム 株を買い続ける」と語った。

ベトナム政府は今年、6.2%の経済成長を目指している。昨年は約 6%だった。今年1-5月のインフレ率は1%未満で推移してお り、2008年8月に記録した28%超のピークから大幅に低下している。

原題:Vietnam Stocks Are Bright Spot as Fed Batters Southeast Asia (1)(抜粋)