中国株:上海総合、1カ月ぶり大幅高-国有企業の合併観測で

更新日時

10日の中国株式相場は上昇。上海総合指数が 1カ月ぶりの大幅高となった。政府が成長下支えのため国有企業の合併 を加速させるとの観測が広がった。

上海総合指数は前週末比4.9%高の3928.42で終了。工業株やエネル ギー株、通信銘柄を中心に買われた。中国船舶重工(601989 CH)と中 国中煤能源(601898 CH)、中国聯合網絡通信(600050 CH)は値幅制限 いっぱいの10%高。

中国は2大海運会社である中国海運集団と中国遠洋運輸(集団、コ スコグループ)の合併を検討していると、事情に詳しい関係者が明らか にした。また、中国国務院は成長支援に向けここ10年余りで最大規模と なる見込みの国有企業改革計画を承認したと、香港紙サウスチャイナ・ モーニング・ポスト(SCMP)が伝えた。

上海昭熠資産管理の李静遠ゼネラルマネジャーは「国有企業の合併 はかなり明確な投資テーマであり、動きが加速する兆候がある」と指 摘。「国有企業改革は相場を押し上げる可能性がある」と述べた。

CSI300指数は前週末比4.5%高。香港市場ではハンセン指数 が0.1%安の24521.12。ハンセン中国企業株(H株)指数は0.6%高。

原題:China’s Stocks Rise Most in Month Amid SOE Merger Speculation(抜粋) Hong Kong Stocks Fall as Belle, Kunlun Slide; China Stocks Climb (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE