米AT&T、新労働協約めぐり組合と交渉-現行協約失効

米通信最大手AT&Tは南東部の従業員2 万4000人余りを対象とする現行協約が期限切れとなる中で、全米通信労 組(CWA)と新たな労働協約をめぐり協議を続けている。

CWA指導者は雇用保障や医療費のほか、強制的な時間外労働の方 針改善を含む労働条件でAT&Tの譲歩を望んでいる。CWAは7日、 公平な労働協約をまとめることに真剣に取り組むようAT&Tに求め た。

AT&Tの広報担当マーティー・リヒター氏は9日、電子メールで 送付した発表資料で、「交渉継続で合意した」と説明。「労使とも適切 な合意に向け、入念かつ誠実に取り組むと依然確信している」と指摘し た。

労使双方の広報担当者によると、現行協約はアトランタ時間8日午 後11時59分(日本時間9日同0時59分)に失効。交渉は6月に始まっ た。

原題:AT&T, Union Continue Negotiations After Contracts Expire (1)(抜粋)

--取材協力:Michael J. Moore.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE