中国株式市場の救済基金:買うのは鉄道などの大型株

中国証券金融は中国株式市場で最も影響力あ る投資家の1つに急浮上している。4830億ドル(約60兆円)の資金力を 備えており、さらに3220億ドルを上積みする可能性がある。

政府による株価対策の要となる中国証券金融は本土株を動かせる比 類ない資金力を持つが、こうした資金で一体何を買っているのだろう か。

中国証券金融は戦略に関して沈黙しており、購入の全容はつかめな い。だが、幾つかの手掛かりは残されている。中国の大株主に対する情 報開示規則によって、中国証券金融が大量取得した銘柄が証券取引所へ の提出書類で公表されている。

明らかになったのは時価総額の大きな企業を重視する姿勢だ。特に 鉄道会社株を選好していることが分かる。それ以外の業種では医療、食 品、テクノロジー分野の株式を保有。中国証券金融はさらに、仲介機関 を通じて投資している可能性もある。中国証券報は先週、中国証券金融 が投資信託に320億ドル相当を投資したと報じている。

瑞東金融市場の中国担当チーフエコノミスト、王致翔(スティー ブ・ワン)氏は「中国証券金融がこの市場で最大のプレーヤーになっ た」と指摘。「投資家は中国証券金融が購入した銘柄を追いかけるべき であり、その銘柄を逆に空売りすることは少なくとも避けたいところ だ」と述べた。

以下はブルームバーグが集計した中国証券金融の大量保有銘柄の一 部。

中国中鉄:中国証券金融の保有は104億元(約2080億円)

中国鉄建:91億元

内蒙古伊利実業集団:46億元

TCL集団:22億元

広匯能源 :19億元

北京三聚環保新材料 :14億元

人福医薬集団:9億4400万元

南京高科:7億8800万元

上海三愛富新材料:9100万元

広東梅雁吉祥水電:5500万元

原題:Here’s What China’s Rescue Fund Is Buying to End the Stocks Rout(抜粋)

--取材協力:Yi Zhu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE