豪州の不動産市場、沈静化しつつある可能性-銀行が貸し渋り

ニック・ハート氏は2年足らずの間にオース トラリアのアデレードに住宅4戸を購入し、5戸目のオファーを出す準 備ができていた。ブームに沸く不動産市場の沈静化に向けて当局が動い たのはまさにその時で、同氏の計画は駄目になった。

ソフトウエアサービス会社でセールスマネジャーを務めるハート 氏(37)は「次の住宅ローン申請のために銀行に行ったが、適格基準が 変わり、今のところこれ以上貸せないというのが回答だった」と説明。 さらに借りられるようにするには、180万豪ドル(約1億6600万円)の 物件価値の93%に相当する既存のローン残高を減らす必要があると銀行 に言われたという。

豪州の銀行は先月、リスクが高まっている住宅ブームの抑制を図る 当局の動きに対応し、不動産投資家向け金利を引き上げ、融資比率の基 準を厳格化した。より広範な経済の減速で金利が過去最低の水準にとど まる中、オーストラリア準備銀行(中央銀行)と豪州の銀行監督当局は 不動産バブルを防ぐ方法を模索してきた。

市場が沈静化しつつある可能性を示す兆しはある。不動産投資家か らの問い合わせが先月は4分の3になったと、メルボルンの住宅ローン 仲介業者、ポール・ビーバン氏は語る。ブルームバーグが市場アナリス ト6人を対象に行った調査によると、これまで最も速い伸びを示してい たシドニーの住宅価格は、7月末まで1年間に前年比18%上昇していた が、今後はその約3分の1のペースに鈍化すると見込まれている。

原題:Australian Property Market Seen Easing as Banks Rebuff Borrowers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE