中国版量的緩和を人民銀主導-弱い経済指標で政策の必要性鮮明

更新日時

中国指導部は他国が行っている量的緩和 (QE)に中国流のアレンジを施し、成長を支援する政府プログラムの 実行で中国人民銀行(中央銀行)への依存を一段と強めている。

人民銀は政府プログラムに直接資金を供給する代わりに政策銀行と して知られる国有銀行に資金を投入し、さらに低迷する株式市場のてこ 入れ策として株式を購入するのではなく相場安定のための政府基金を支 援。市場で地方債を買い入れる代わりに担保として受け入れることで銀 行に地方債購入を促している。

李克強首相は、債務急増を招きかねない本格的な金融緩和に頼らず に景気減速を和らげることを目指しており、15年前に日本で導入され、 その後米国や欧州でも採用されたQEを中国流に模倣しようとしてい る。人民銀は米連邦準備制度型のQE実施に表向きは断固反対の姿勢を 取る一方、実体経済の刺激を目指し、チェックブック(小切手帳)とし てではなくむしろ安全装置として中銀のバランスシートを活用してい る。

みずほセキュリティーズアジアのアジア担当チーフエコノミスト、 沈建光氏(香港在勤)は「中国流の量的緩和だが、中銀による直接的な 資産購入プランではない。中国の緩和は間接的で日米と比べると捉えに くい」と指摘した。

週末の統計は政策による支援の必要性を裏付ける数字となった。中 国の7月の生産者物価指数(PPI)は大幅低下し、消費者物価指数 (CPI)は人民銀の今年の目標(3%)の約半分の上昇にとどまっ た。7月の輸出は人民元高や欧州連合(EU)からの需要鈍化が響き、 エコノミスト予想を大幅に上回る減少率となった。

人民銀の後ろ盾

こうした戦略に関する公式発表はないものの、中国指導部は景気減 速に歯止めをかけるための財政刺激プログラムに人民銀が間接的に資金 供給するプランを整備している。事情に詳しい複数の関係者が今月明ら かにしたところによれば、中国は建設事業の資金に充てるため数兆元相 当の特別な債券を発行する計画。人民銀がこの債券を購入する国有銀行 に資金を供給する。

関係者が先にブルームバーグに語ったところによると、政策銀行で ある国家開発銀行と中国農業発展銀行が債券の発行体となる。中国郵政 貯蓄銀行が人民銀から流動性支援を受けてこれら債券を買い取ると、関 係者の1人は話している。

債券を担保として受け入れ資金を出すことで人民銀の公式のバラン スシートが拡大するかどうかは不明だ。米国やユーロ圏、日本では、中 銀は流通市場で買い取り、バランスシート上で量的緩和に透明性を持た せている。

これとは対照的に、2012年に就任した中国の現指導部は間接的なフ ァイナンスを選好し、中央政府の債務負担の増加防止も図っている。

BNPパリバの中国担当チーフエコノミスト兼マクロ経済調査責任 者、陳興動氏(北京在勤)は、「米連邦準備制度のような全面的なQE ではないが、QEプログラムの兆候は強まりつつある」と指摘。人民銀 は借り手にドアを開いているものの「力づくで市場を資金でいっぱいに する」段階には達していないと指摘した。

原題:Quantitative Easing With Chinese Characteristics Takes Shape(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE