米バークシャーが航空設備のプレシジョン買収交渉-関係者

資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米投 資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、航空・エネルギー関連設備 メーカーの米プレシジョン・キャストパーツの買収交渉を行っている。 事情に詳しい関係者が明らかにした。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が8日、事情に詳 しい関係者の話を基に報じたところによると、今回の案件は約300億ド ル(約3兆7300億円)規模となる可能性があり、9日からの週にも発表 される公算。7日終値(193.88ドル)に基づくプレシジョン・キャスト パーツの時価総額267億ドルにプレミアムを上乗せした水準となる。

プレシジョン・キャストパーツは創業66年で、ゼネラル・エレクト リック(GE)やボーイング、エアバス・グループなどを顧客に持つ。 バークシャーは保有する現金の約半分を今回の買収に充てる可能性があ り、同社にとって過去最大級の買収案件となり得る。

ウェッジウッド・パートナーズで資産運用に携わるデービッド・ロ ルフ氏はプレシジョン・キャストパーツについて、参入障壁が高く、長 期的な見通しを要する事業を持つ一方、ここ数年は株価が低迷している とし、バフェット氏が求める価値を備えていると指摘した。

バークシャーとプレシジョン・キャストパーツにコメントを求めて 通常の営業時間外に連絡を取ったが、返答はない。

原題:Berkshire Hathaway Is Said in Talks to Buy Precision Castparts(抜粋)

--取材協力:Miles Weiss.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE