米Pディーラーの米国債保有が大幅増、秩序ある利上げ確信

ウォール街の大手債券ディーラーの米国債保 有が昨年3月以来の大幅増加となった。米連邦準備制度による金融引き 締めサイクルが秩序ある形で進められるとのディーラーの見方が示唆さ れた。

6日公表のデータによると、JPモルガン・チェースやシティグル ープなど米プライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)の米国 債保有は690億ドル(約8兆5700億円)の純増となった。増加は4週連 続。7月の非農業部門雇用者数が前月比で20万人を超える伸びとなり、 平均時給も増加したのを受け、トレーダーらは9月の米利上げ開始の確 率を6割近くと見積もっている。

イエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長は利上げを緩やかな ペースで行う意向を表明している上、原油価格の下落も投資家を勇気づ けている。モントリオール銀行の金利トレーダー、バーラ・シェリダン 氏によると、銀行が規制上、より質の高い資産の保有を義務付けられて いることもプライマリーディーラーの米国債保有の増加の一因だとい う。

シェリダン氏は「金利の進み方は極めて緩慢になる」と予想。当局 者が「積極的な引き締めサイクルに乗り出すことはない。グローバルベ ースでは米国債に依然として魅力があるため、投資家は今の水準で買う ことをいとわない」と指摘した。

原題:Wall Street Banks Amass Treasuries Signaling Faith in Rate Cycle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE