7月米雇用者数:21万5000人増-失業率と労働参加率は横ばい

7月の米雇用統計では、早ければ9月の利上 げ開始に向けて準備を進める金融当局が望むような形で労働市場が改善 していることが示された。

米労働省の7日発表によると、7月の非農業部門雇用者数(事業所 調査、季節調整済み)は前月比21万5000人増となった。ブルームバーグ がエコノミスト予想の中央値は22万5000人増だった。前月は23万1000人 増(速報値22万3000人増)に上方修正された。

家計調査に基づく失業率は5.3%で前月から変わらず。景気後退期 にあった2008年4月(5.0%)以来の低水準。

ムーディーズ・アナリティクスのシニアエコノミスト、ライアン・ スウィート氏は「潜在的な雇用の伸びは極めて堅調だ」とし、「労働市 場に残るスラック(たるみ)を徐々に減らし続ける上で十分過ぎるほど だ」と述べた。

平均時給は24.99ドルで、前年比2.1%増。市場予想は2.3%増だっ た。前月比は0.2%増。

平均労働時間は34.6時間に増えた。

労働参加率は62.6%で前月から変わらずだった。

部門別に見ると、製造業は1万5000人増と、1月以降で最大の伸 び。小売りは約3万6000人増、ヘルスケアと娯楽はそれぞれ約3万人増 えた。

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:Payroll Rise of 215,000 in July Keeps Fed on Track for September(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE