NY金(7日):続伸、株やドルの下落で代替投資の買い

7日のニューヨーク金先物相場は続伸。米雇 用統計で労働市場の改善が示され、利上げに耐え得る程度に経済は力強 いとの観測が強まったものの、株式相場やドルが下落したことから、代 替投資としての金の買いが強まった。

プレスティージ・エコノミクスのジェーソン・シェンカー社長は電 話インタビューで、「株式をめぐる有意なリスク水準に関する警戒感が あるほか、弱いドルは金価格の支えになっている」と指摘。「ドルが下 落すれば、金価格をそこそこ支えるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物12 月限は前日比0.4%高の1オンス=1094.10ドルで終了。週間ベースで は0.1%下げ、過去7週間では6週目の下落。

銀先物9月限は1%上げて14.821ドル。プラチナ先物10月限 は0.6%上昇の962.20ドル。パラジウム先物9月限は0.5%安の596.90ド ル。

原題:Gold Bulls Catch a Break as Dollar and Equity Drops Eclipse Jobs(抜粋)