NY外為:ドル指数が一時4カ月ぶり高水準、雇用統計に反応

更新日時

7日のニューヨーク外国為替市場ではドル指 数が一時、4カ月ぶりの高値に達した。労働市場が持続的に伸びている ことで、利上げへの道筋が裏付けられた。

ドルは週間ベースで上昇。雇用統計では非農業部門雇用者数の増加 幅が20万人を超えたほか、失業率は前月と同じく7年ぶり低水準だっ た。市場では来月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが実施さ れるとの見方が強まった。

クレディ・スイス・グループの外為ストラテジスト、マット・ダー 氏(ニューヨーク在勤)は「この日の内容は9月を確実に検討対象に残 すもので、ドルを引き続き支えるだろう」と指摘。「しかし、9月の FOMCまでにはまだ時間があり、通過しなくてはならない指標は数多 い」と述べた。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数はニューヨーク時間午後5時現在、前週末比0.3%上昇 の1212.07。一時は終値ベースで3月13日以来の高値をつけた。

ドルは対ユーロで前日比0.4%安の1ユーロ=1.0967ドル。対円で は0.4%下げて1ドル=124円24銭。

利上げが近づいているとの観測を背景に、ドルは過去7週間で6週 目の上昇となった。主要10通貨を対象とするブルームバーグ相関加重通 貨指数によると、過去3カ月でみた通貨のパフォーマンスではドルが2 番目の上昇率となっている。最も上昇したのは英ポンド。

先物ポジション

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによると、ヘッジファ ンドなど大口投機家によるドルのネットロング(買い越し)は7週連続 で拡大した。これは2013年3月以来の最長。

オアンダ(カナダ・トロント)のシニア通貨アナリスト、アルフォ ンソ・エスパルザ氏は電話インタビューで、「ドル全面高の形勢になり つつある」と指摘。「こうした数字を根拠にドル一段高の展開が始まる だろう。この統計で9月が確実になったと誰もが考えているためだ。次 のイベントは小売売上高になる」と述べた。小売売上高は13日に発表さ れる。

初回利上げ後に実効フェデラル・ファンド(FF)金利が平 均0.375%になるとの想定に基づくと、先物市場では9月利上げの確率 が54%として反映されている。6日の時点では50%だった。

フランクリン・テンプルトン・インベストメンツの債券運用委員会 の共同委員長、マイケル・マテラッソ氏は「ドル高への上向きバイアス がある」と指摘。「当社が考えているように米経済の動向が予想より良 好となれば、さらに押し上げる可能性がある」と話した。

米労働省の発表によると、7月の非農業部門雇用者数(事業所調 査、季節調整済み)は前月比21万5000人増となった。ブルームバーグが エコノミスト予想の中央値は22万5000人増だった。

原題:Dollar Reaches 4-Month High as Jobs Data Give Fed Room to Move(抜粋)

--取材協力:Andrea Wong.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE