アジア・太平洋株式サマリー:中国株が反発、インド株は下げる

アジア・オセアニア各株式市場の動きは以下 の通り。

【中国・香港株式市況】

7日の中国株式相場は反発。時価総額3兆4000億ドル(約424兆 円)が吹き飛んだ相場急落に歯止めをかけるため、当局がさらなる措置 を講じるとの観測が強まった。

上海総合指数は前日比2.3%高の3744.21と、3日ぶりに反発して引 けた。テクノロジーと工業株が全体をけん引。同指数は週間でプラスと なった。

事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたところによると、相場押 し上げの役割を担っている中国証券金融は2兆元(約40兆円)の追加確 保を目指している。CSI300指数は前日比2%高で終えた。

君康人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は上海総合指 数について、「投資家の間に当局が3500-3600の水準を割り込むのを防 ぎたいと考えているとの見方があり、それを背景に割安銘柄を追う投資 家が買いを再開しつつある」と述べた。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.2%高、 ハンセン指数は同0.7%高で引けた。

【インド株式市況】

7日のインド株式相場は下落。国内最大の発電設備メーカー、バー ラト重電機の四半期利益が予想に届かなかったことが嫌気された。指標 のS&P・BSEセンセックスは週間ベースではプラスとなった。

バーラト重電機は5月以来の大幅安。世界最大の石炭会社コール・ インディアは1月以降で最もきつい値下がり。国内銀最大手のインドス テイト銀行は2カ月ぶりの大幅下落。一方、高級車メーカー「ジャガ ー・ランドローバー」を傘下に置くタタ・モーターズは2週間ぶりの大 幅高。同社はこの日の取引終了後に四半期決算を発表した。

センセックスは前日比0.2%安の28236.39で引けた。前週末比で は0.4%上昇。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前日比2.4%安の5474.78。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比0.2%安の2010.23。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比0.1%安の8442.29。