中国株反発、株価対策拡充の観測-上海総合は週間でプラスに

更新日時

7日の中国株式相場は反発。時価総額3 兆4000億ドル(約424兆円)が吹き飛んだ相場急落に歯止めをかけるた め、当局がさらなる措置を講じるとの観測が強まった。

上海総合指数は前日比2.3%高の3744.21と、3日ぶりに反発して引 けた。テクノロジーと工業株が全体をけん引。同指数は週間でプラスと なった。

事情に詳しい複数の関係者が明らかにしたところによると、相場押 し上げの役割を担っている中国証券金融は2兆元(約40兆円)の追加確 保を目指している。CSI300指数は前日比2%高で終えた。

君康人寿保険の呉侃ファンドマネジャー(上海在勤)は上海総合指 数について、「投資家の間に当局が3500-3600の水準を割り込むのを防 ぎたいと考えているとの見方があり、それを背景に割安銘柄を追う投資 家が買いを再開しつつある」と述べた。

香港市場ではハンセン中国企業株(H株)指数が前日比1.2%高、 ハンセン指数は同0.7%高で引けた。

原題:China’s Stocks Advance Amid Speculation of More State Support(抜粋)