トランプ氏:米共和党の大統領指名候補者支持を約束せず

更新日時

2016年の米大統領選挙で共和 党候補としての指名獲得を目指す10人による第1回公開討論会が6日、 オハイオ州クリーブランドで開かれた。討論会で注目を集めたのは当然 のごとく資産家ドナルド・トランプ氏だった。

トランプ氏は共和党の最終的な指名候補を支持すると約束せず、候 補指名の争いで敗れた場合に独立の候補者として大統領選に出馬する可 能性も示唆した。同氏はアイオワ州で5カ月後に行われる指名争いを前 に支持率で同党の他候補を大きく引き離している。

同氏は「私は自分が候補者とならない場合に、勝者を尊重する必要 があるとは言えない」とする一方、「私が候補に指名された場合は、そ うすると完全に約束できる」と述べた。

クリーブランドのクイッケン・ローンズ・アリーナで開かれた今回 の討論会ではトランプ氏のほか、ランド・ポール上院議員やジェブ・ブ ッシュ元フロリダ州知事らが相互に舌戦を繰り広げた。

不動産王として名を成したトランプ氏は満員の聴衆を前に、「わが 国は深刻な困難に見舞われている」とした上で、「私は偉大な国づくり を目指す」と締めくくった。

原題:Trump Swings—and Gets Hit Back—at First GOP Debate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE