豪州:7月の雇用者数、前月比3万8500人増-労働参加率も上昇

オーストラリアの7月の雇用者数は増加し、 労働参加率も上昇した。企業景況感の改善が雇用増加につながっている 状況が示されており、オーストラリア準備銀行(中央銀行)の利下げの 可能性を低下させる可能性がある。

豪政府の6日の発表によれば、7月の雇用者数は前月比3万8500人 増加。エコノミスト28人の予想中央値は1万人増だった。失業率 は6.3%と、前月の6.1%(改定値)から上昇した。

ムーディーズ・アナリティクスのエコノミスト、カトリーナ・エル 氏(シドニー在勤)は統計発表前の段階で、「鉱業以外の活動改善が労 働需要を押し上げ、鉱業部門で縮小した雇用を補っている。労働市場の 回復が続けば、追加利下げの可能性はほとんどなくなる」と指摘した。

フルタイム雇用者数は1万2400人増、パートタイム雇用者数は2 万6100人増となった。労働参加率は65.1%と、前月の64.8%から上昇し た。

原題:Australian Firms Add Workers as More People Enter Labor Market(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE