香港ハチソンとビンペル、イタリア資産統合へ-218億ユーロ

オランダのアムステルダムに本社を置く通信 事業会社のビンペルコムと香港の複合企業CKハチソン・ホールディン グスは、イタリアの携帯電話事業を統合することで合意した。評価額 は218億ユーロ(約3兆円)。契約者数でテレコム・イタリアを抜き、 同国最大の携帯電話会社が誕生する。

6日の発表によると、折半出資となる同合弁会社はビンペルコム傘 下ウィンド・テレコムニカッチオーニとハチソン傘下3イタリアの資産 をプールする。ウィンドのマシモ・イバラ最高経営責任者(CEO)が 統合会社のCEOとなり、3イタリアのディナ・ラベラ最高執行責任者 (COO)は統合を監督する。

競争の激化で通話やデータ通信の料金に低下圧力がかかる欧州通信 業界で、これまで再編の動きが起きていない主要市場はイタリアだけだ った。今回の統合でイタリアの携帯電話事業者は4社から3社に減少す る。ドイツやアイルランド、オーストリアでも同様の業界再編の動きが 起きている。

原題:VimpelCom, Hutchison to Merge Italy Assets in $24 Billion Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE