米国株:下落、バイオテック株やメディア株が安い-決算で

更新日時

6日の米国株はS&P500種株価指数が下 落。過去5営業日のうち4日で値下がりした。バイオテクノロジー株が 売られたほか、バイアコムなどメディア株が決算内容を手掛かりに下落 した。

ナスダック・バイオテクノロジー指数は4%下げた。バイアコム と21世紀フォックスはいずれも下落。決算が失望された。一方トランス オーシャンとマイケル・コース・ホールディングスは四半期決算が予想 を上回りいずれも上昇した。

S&P500種株価指数は前日比0.8%安の2083.56。ダウ工業株30種 平均は120.72ドル(0.7%)下げて17419.75ドル。ナスダック総合指数 は1.6%下げた。

グリーンウッド・キャピタル・アソシエーツ(サウスカロライナ州 グリーンウッド)の最高投資責任者(CIO)、ウォルター・トッド氏 は「パニック買いとパニック売りのようなものだ」と述べ、「企業決算 に対して市場は激しく反応している」と続けた。

ディズニーが安い

ウォルト・ディズニーは続落。2日間の下げ幅は約6年ぶりの大幅 安となった。ブルームバーグ米メディア指数は2%安。前日からの下げ は2011年9月以来で最大だった。

2009年3月に世界的に株価が底をつけて以来、S&P500種メディ ア業界指数は464%上昇と、伸び率は自動車に次いで2位だった。

S&P500種に採用されている企業のうち85%が四半期決算を発表 済み。このうち利益が予想を上回ったのは4分の3、売上高が予想を上 回ったのは約半数だった。アナリスト予想によると、第2四半期のS& P500種企業の決算は2.8%の減益。7月10日時点では6.4%減益が見込 まれていた。

労働省の発表によると、1日終了週の新規失業保険申請件数は前週 比で3000件増加して27万件だった。ブルームバーグがまとめたエコノミ スト予想の中央値は27万2000件。

労働省が今週発表する7月の米雇用統計では22万5000人の雇用増が 見込まれている。失業率は7年ぶり低水準の5.3%となっている。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は10%上昇し13.77。

S&P500種の産業別10指数のうち8指数が下落。メディア株を中 心に選択的消費株が下落したほか、バイオテック株がヘルスケア関連株 の下げの中心となった。一方、エネルギー株はこの日上昇した。

医薬品メーカーのアラガンは5.1%安。アクタビス部門が米司法省 から召喚状を受けた。

原題:U.S. Stocks Fall as Biotech, Media Shares Tumble Amid Earnings(抜粋)

--取材協力:Roxana Zega.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE