ASEAN外相、共同声明の取りまとめ難航-南シナ海めぐり

マレーシアで開催されている東南アジア諸国 連合(ASEAN)外相会議は、南シナ海の領有権をめぐる加盟国の意 見の相違から、共同声明の取りまとめで難航している。

シンガポールのシャンムガム外相は6日に記者団に対し、「共同声 明に関する作業はまだ続いている。5日に完了予定だったが、幾つか相 違点があった」と述べた。

全会一致を原則とするASEAN10カ国は、これまでにも地域が直 面する主要問題で一致したスタンスを取れずに批判を受けたことがあっ た。2012年にカンボジアで開かれた外相会議では、南シナ海をめぐって 加盟国間の意見調整がつかず、設立以来初めて共同声明を発表できなか った。

原題:Asean ‘Differences’ on South China Sea Threaten Meeting Message(抜粋)

--取材協力:Terry Atlas.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE