きょうの国内市況(8月6日):株式、債券、為替市場

国内市況の指標はここをクリックしてご覧 下さい。

●日本株続伸、好決算評価と米統計、2カ月ぶり円安-輸出、素材高い

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京株式相場は続伸。NTTや明治ホールディングスなど好決算銘 柄の上げが目立ち、良好な米国経済統計を受け、前日の海外為替市場で 約2カ月ぶりのドル高・円安に振れたことも好感された。業種別では輸 送用機器や機械など輸出関連株、繊維など素材株のほか、パルプ・紙、 保険株が高い。

TOPIXの終値は前日比7.73ポイント(0.5%)高の1673.58、日 経平均株価は50円38銭(0.2%)高の2万664円44銭。

三菱UFJ国際投信・戦略運用部の石金淳チーフストラテジスト は、「決算と円安が支え」と分析。1ドル=125円の水準は「日本銀行 総裁の発言などで押し返されていたが、今の状態だと日本と米国の金融 政策の方向性は完全に違い、米国の利上げの蓋然(がいぜん)性も増し ている」と話した。

東証1部33業種は紙パ、繊維、保険、ガラス・土石製品、輸送用機 器、非鉄金属、鉱業、機械、卸売など22業種が上昇。水産・農林や電 気・ガス、空運、ゴム製品、医薬品、小売、その他金融など11業種は下 落。東証1部の売買高は25億878万株、売買代金3兆876億円。上昇銘柄 数は1081、下落678。

売買代金上位ではファナック、ホンダ、日産自動車、バンダイナム コホールディングスが上げ、4-6月期営業利益が市場予想を上回 り、1000億円を上限にした自社株買いも行うNTTも高い。16年3月期 営業利益計画を上方修正した明治HLD、ゴールドマン・サックス証券 が投資判断を上げたアイシン精機は急伸。4-6月期純利益が予想を上 回った三井物産も買われた。

半面、5日発表の決算内容について、医薬以外の低調からSMBC 日興証券がネガティブな印象としたキリンホールディングスは安い。前 期最終赤字だったグリー、4-6月期の営業赤字が拡大した荏原は急 落。ファーストリテイリングは続落した。

●債券下落、米金利上昇警戒-流動性供給入札弱めでスティープ化圧力

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

債券相場は下落。米国経済指標の改善で早期の利上げ観測が強ま り、前日の米国債相場が続落した流れを引き継いで売りが先行した。超 長期債を対象とする流動性供給入札結果が弱かったことから、利回り曲 線にスティープ(傾斜)化圧力が掛かった。

6日の長期国債先物市場で、中心限月9月物は前日比15銭安の147 円53銭で開始した。午後は入札結果を受けて水準を切り下げ、一時 は147円41銭まで下落。結局は24銭安の147円44銭と、この日の安値圏で 引けた。

野村証券の中島武信クオンツ・アナリストは、「米国債やドイツ国 債が下落したことを織り込んだ形。海外金利が上昇していく中で、国内 金利は下がり過ぎていたので売りが出やすかった。流動性供給入札の結 果も重しとなって下げている。来週の30年債入札に対する警戒感が高ま っている」と話した。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物国債の339回債利回 りは、日本相互証券が公表した前日午後3時時点の参照値より1.5ベー シスポイント(bp)高い0.41%で開始。午後に入ると水準を切り上 げ、0.42%と7月30日以来の高水準を付けている。4日は約2カ月ぶり 水準の0.385%まで低下した。

財務省がこの日午後零時45分に発表した流動性供給入札(発行 額3000億円程度)の結果によると、募入最大利回り較差がプラ ス0.026%、募入平均利回り較差はプラス0.013%となった。投資家需要 の強弱を示す応札倍率は1.95倍と、2012年12月11日以来の低水準となっ た。今回は残存期間15.5年超から39年未満の国債が対象だった。

●ドルは124円後半、米9月利上げ観測強まり底堅い-米雇用統計待ち

(記事全文はこちらをクリックしてご覧下さい)

東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=124円台後半で推 移。米供給管理協会(ISM)が発表した7月の非製造業景況指数が10 年ぶりの水準に上昇したことを背景に9月の利上げ観測が強まる中、ド ルは底堅い展開が続いた。

6日午後3時25分現在のドル・円相場は124円75銭付近。ドルは朝 方に124円89銭を付けた後、正午すぎに124円70銭まで下げたが、下値は 限定的となった。前日の海外市場では一時125円01銭と、6月8日以来 の水準までドルが急伸した。主要10通貨に対するドルの動きを示すブル ームバーグ・ドル・スポット指数は海外で1219.31と、3月16日以来の 高値を付け、同時刻現在は1215台で推移している。

外為どっとコム総合研究所の石川久美子研究員は、ドル・円相場は これまで上値の抵抗線だった水準が下値の支持線になっていると説明。 その上で、「ドルが一段と上昇するには米雇用統計を待ちたい」とし、 積極的な取引に踏み込みにくい状況だと言う。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE