メディア・バイオ株売られ米国株下落-新興国通貨・株も安い

更新日時

6日の米株式市場ではバイオテクノロジー株 とメディア株を中心に下落した。メディア株は期待外れの内容の決算発 表が相次いだことで売られた。新興市場国の株と通貨は米利上げ観測が 強まる中、下げた

S&P500種株価指数は0.8%安の2083.56で終了し、7月27日以来 の安値。バイアコムや21世紀フォックスなどメディア株のこの2日間の 下げ幅は2008年以来最大となった。バイオ株ではバイオジェンが下げを 主導した。MSCI新興市場指数は0.7%下げ2年ぶり安値となり、新 興国通貨の指標は過去最低を更新した。

ウォルト・ディズニーの決算が市場予想を下回ったことがメディア 株安のきっかけとなった。その後、CBSや21世紀フォックスなどが減 益決算を発表し、売る動きが広がった。米経済の堅調さを示すデータに 米連邦準備制度が自信を深め、来月にも利上げに踏み切るとの見方が強 まったことが新興市場資産の重しとなっている。

原題:Media, Biotech Sink U.S. Stocks; Emerging-Market Assets Decline(抜粋)

--取材協力:Cecile Vannucci、James Herron、Sofia Horta e Costa、Emma O’Brien、Maria Levitov、Stephen Kirkland.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE