高頻度取引バーチュが中国で取引を開始-証券1社と契約

ハイフリークエンシートレーディング (HFT、高頻度取引)で世界大手の一角を占める米バーチュ・ファイ ナンシャルが、中国で取引を開始する。同社にとって35番目の市場とな る。

バーチュのダグ・シフ最高経営責任者(CEO)は、4-6月(第 2四半期)に中国の証券会社1社と「非常に限られた範囲」の流動性供 給で合意したと述べた。

バーチュは、中国本土で上場されている商品の売買で自動マーケッ トメーキング(値付け)ストラテジーを採用する。中国本土以外の市場 では株式と通貨を含む他の資産を取引している。

シフCEOは「今回の契約は長期的なプロセスの第一歩だ」と5日 の電話会議で説明した。中国側のパートナーの社名は明らかにしていな い。

6月半ば以降の株式相場の急落を受けて、中国当局は一部株主に保 有株の売却を禁止するなどの介入を行った。本土の取引所はシタデル・ セキュリティーズの保有分を含む38の口座を凍結し、アルゴリズム取引 を当局が調査している。

原題:Virtu Starts Trading in China as Regulator Cracks Down on Algos(抜粋)